㈱横浜DeNAベイスターズ 御来臨 (晴天祈願)

1月6日(月) ㈱横浜DeNAベイスターズ様が晴天祈願の為に御来臨されました。

2015年から毎年1月にお越し戴いており、晴天祈願の神事を斎行させて戴いております。

プロ野球団を運営する同社のホームグラウンドは「横浜スタジアム」ですが、屋外スタジアムのため、試合消化や集客は天気に左右されるとのことです。

球団側の熱心な営業努力もあり、集客は年々高まっています。2018年には観客動員数が球団初の200万人を超えて、そして2019年は最速(64試合目)で200万人に到達しました。

今年は三原一晃専務取締役球団代表、木村洋太取締役副社長以下10名の役職員の方々がお越しになり、今年一年が晴天となるように祈願されました。

まずは間もなく始まる春季キャンプにおいて、選手の皆さんが怪我無くスタッフや職員の皆様が健康に過ごせるように、またシーズンが始まれば、ベイスターズファンで青く染められた横浜スタジアムと雲一つない青い空とが一体化することを心から祈念申し上げます。

今年は氏子の子供たちを連れて横浜スタジアムに応援に行く企画を考えて実行したいと思います。

横浜DeNAベイスターズ 公式サイト