武蔵一宮氷川神社正式参拝と小江戸川越七福神巡り

1月20日(日)に武蔵一宮氷川神社正式参拝と小江戸川越七福神巡りに行ってきました。

七福神巡りは当神社において40年以上継続してきた伝統行事ですが、近年は先代宮司の体調不良もあり、氏子青年会が主体的に企画、運営されていました。

昨年、当神社は宮司も代替わりして、陣容も大きく変わったということもあり、今年から再び神社が主体的に企画、運営していくことになりました。

区切りということもあり、七福神巡りに加えて、氷川神社の総本社である「武蔵一宮氷川神社」を訪れ、正式参拝を盛り込むことにしました。

 

当日は好天に恵まれ、武蔵一宮氷川神社での正式参拝を無事に終えた後は、権宮司の東角井真臣様の御講和も頂戴し、七福神巡りも順調に終えることができました。

終了後は、「いも膳」にて川越名物のさつまいも料理を楽しみつつ、皆で楽しく時間を過ごしました。大きな事故なく、時間通りに高円寺に帰着することができました。

今回は約70名の方々に御参加戴きましたが、今後も一人でも多くの参加者が気軽に集まれるような行事にしていきたいと思います。

 

1号車の皆様

 

 

2号車の皆様

 

 

◆受付・出発

早朝から氏子青年会の皆様に集まって戴き、受付を手伝って戴きました

 

 

◆武蔵一宮氷川神社

大型バス2台で無事に武蔵一宮氷川神社に到着しました。

正式参拝を前にして緊張感が漂います

 

 

氏子青年会の皆様

 

 

◆東角井権宮司の講和会

正式参拝終了後は、社務所大ホールにて権宮司の東角井真臣様の講和を頂戴しました。

 

東角井権宮司様からは武蔵一宮氷川神社について大事な「3つのこと」をご教授戴きました -

①武蔵国の一宮であること

②祭祀の際に天皇陛下の勅使が派遣される神社であること(勅祭社)

③参道の長さが日本一であること(2キロ)

 

新年の御多忙な折にも関わらず、温かいおもてなしを賜りまして改めて御礼を申し上げます。武蔵一宮氷川神社への正式参拝は毎年の定期行事にしていきたいと思います。

 

 

◆小江戸川越七福神巡り

武蔵一宮氷川神社を後にして、いよいよ七福神巡りが始まりました。今年は「小江戸川越」の七福神巡りです。

多くの距離を歩くことになりましたが、皆さん頑張って戴き、無事に終了しました

 

 

◆いも膳にてさつまいも料理

総代責任役員の渡辺忠司さんによる御挨拶

 

 

氏子青年会会長の由井営太郎さんによる御挨拶

 

 

◆到着・解散

 

大きな事故なく時間通りに高円寺に帰ってくることができました。今年は久しぶりの神社主催での七福神巡りでしたので準備や運営面で行き届かない点が多々ありましたことは、反省材料として次回以降きちんと改善していきます。いつでも気軽に神社へお越し戴ける環境づくりを地道に確実に進めていきますので、今後ともご協力をお願い申し上げます。