新年のご挨拶

新年の始めにあたり、謹んで御国の安寧を祈念申し上げますと同時に、お世話になっている氏子崇敬者や関係者のご健勝とご多幸を祈念申し上げます。

本年は天皇陛下がご譲位を迎え、平成の御代から新たな御代へ替わります。平成という時代を振り返ると、交通網や情報網を中心としたインフラの整備が加速し、科学技術の進歩により、私たちの生活が非常に便利で豊かになりました。一方でバブル経済崩壊後の景気停滞、他国には類を見ない多くの自然災害が発生するなど社会が大きく揺らいだ時代でもありました。昨年、日本列島を覆った猛暑や、大阪府、北海道で発生した地震、そして西日本地方を襲った集中豪雨により、多数の方々が亡くなられました。改めて哀悼の意を捧げると共に、今なお被災生活を懸命に営み続けておられる方々に心よりお見舞い申し上げます。新時代では改めて大自然の存在に感謝し、共存していくという考えを日々の生活で意識することが肝要と考えております。

当神社におきましては、昨年6月に先代宮司が帰幽し、宮司も代替わりしました。また職員の顔ぶれも替わり、微力ながらも氏子の皆様や全ての関係者に助けて戴きながら地道に運営を進めております。本年は当神社にとりましても大事な年と考えており、これまでの先代の方々が築き上げてきた伝統や歴史を継承しつつも、新たな時代に対応すべく、日々知恵を絞り、身体を動かして、汗をかき、着実に実行していく所存です。

皆様にとりまして新たな時代を迎える節目の年である本年が素晴らしいものとなるように心より祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせて戴きます。

                                                                                          平成31年1月吉日 高円寺氷川神社