夏越の大祓 ~令和元年6月30日(日)~

 6月30日(日)、夏越の大祓を斎行しました。

大祓とは人が知らず知らずのうちに犯した諸々の罪や過ち、心身の穢れを祓い清めるものです。大祓の「大」は「公」という意味があり、個人だけのものではなく、日本国中の穢れを払うという意味があります。大祓には「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)と「年越の大祓(としこしのおおはらえ)」があります。夏越の大祓は毎年六月に、年越の大祓は毎年十二月に執り行われます。

当日は氏子総代、氏子青年会を中心に、一般の方々にもご参列戴きました。

ご参加された方々、また人形に託された全ての方々の弥栄、健康を祈念申し上げます。